導入事例

減損会計の早期適用を実施するにあたり、
ProPlusシリーズを採用し、短期間での本番稼働を実現

当社は減損会計早期適用を実現するにあたり、 2004年4月にProPlus固定資産管理システム、 ProPlus建設仮勘定サブシステム、ProPlus減損会計システムを2004年9月本番稼動を目指し、導入決定いたしました。

ProPlusを採用した理由として・・・
①固定資産管理業務の提案ノウハウが多く蓄積されていること。
②同業他社に多数の導入実績があること。
③固定資産データを高度利用できる仕組みになっていること。
等があげられます。

設備産業である当社は、膨大な量の固定資産を保有し、それを複雑な会計処理により管理しています。今回の導入に際して、パッケージの処理にあわせるよう業務の見直しを実施いたしました。その結果、ProPlusの基本機能をほとんど変更することなく、半年…

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

中部テレコミュニケーション株式会社

所在地 愛知県名古屋市中区栄二丁目2番5号
代表者 代表取締役社長 湯浅 英雄
公式サイト http://www.ctc.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlus建設仮勘定サブシステム

建仮計上から精算までの煩雑な業務を効率化し、きめ細かな建仮管理を実現。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部