導入事例

クラウドサービス「ProPlus for C-x」で、業務改善および管理・保守業務の省力化を実現

さらに固定資産管理から会計処理までの業務をワンストップ化
北海道内各地の厚生病院などを中心に道内の地域医療の一翼を担っている北海道厚生農業協同組合連合会(略称、JA北海道厚生連)。
クラウドサービス「ProPlus for C-x」を採用、2012年4月から本格運用を開始した。
これにより、システム所有に伴う負荷やコストが不要となるとともに、各事業所の現物管理から本部の会計処理まで一連の資産管理業務をワンストップ化して業務全体の効率向上、スピードアップを実現。

自社開発システムに限界、業務の負荷増大など解決へ

北海道厚生農業協同組合連合会では、札幌、旭川などの都市部に総合病院を運営しているほか、地方にも総合病院、一般病院、クリニックを開設し、それぞれの地域に根ざした医療活動を展開している。さらに、近年は特別養護老人ホーム「摩周」の開設や各地に訪問看護ステーションを設置して高齢者福祉活動にも力を注いでいる。
このため、同会の保有する固定資産は各種医療機器も含めて約12,000件、またリース資産も約3,000件に上る。

同会では、これまで自社開発したシステムを活用して固定資産を管理してきたが、このシステムに精通した担当者の人事異動などで償却計算をはじめとする制度変更への対応が追いつかない状況になっていた。
また、固定資産管理やリース資産管理はそれぞれの担当者が個別に表計算ソフトなどを使って管理しており、管理件数が増加する中で負荷は大きくなって…

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

北海道厚生農業協同組合連合会

半世紀以上にわたって地域に根ざした総合的な医療、保健、福祉のサービスを提供し、北海道内の地域医療の一翼を担う。現在、道内16カ所の厚生病院やクリニックを中心に医療・福祉ネットワークを展開、病院での医療活動に加えて在宅医療や訪問看護、巡回ドック、またデイサービスなどの高齢者福祉活動に至るまで、地域の多様化するニーズにきめ細やかに対応。農業協同組合および同連合会の116会員を擁し、従業員数は4,735名(平成23年度)。

所在地 北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地
代表者 代表理事会長 奥野 岩雄
公式サイト http://www.dou-kouseiren.com/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlusリース資産管理システム

契約/物件情報管理、支払管理、開示資料作成などリース管理業務全般を効率化。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部