IFRS用語集(さ行)

資産負債アプローチ

分類 IFRS 読み しさんふさいあぷろーち

資産負債アプローチとは、収益費用の定義よりも資産負債の定義を重視するアプローチのこと。 一会計期間における企業の富(企業価値)の増加の測定値を利益と捉える考え方で、期末の貸借対照表の純資産が(増減資などの資本取引を除いて)期首時点に比べてどれくらい増加したかという観点から利益をとらえる考え方のことを指す。

収益費用アプローチ

分類 IFRS 読み しゅうえきひようあぷろーち

収益費用アプローチ(しゅうえきひようアプローチ)とは、一会計期間の企業の活動成果である収益と、それを得るための犠牲分たる費用との差額を利益とする考え方をいう。収益費用アプローチにおいては、収益及び費用の概念ならびに、その認識・測定基準が重要となる。そのため、貸借対照表は期末時点の企業の経済実態を必ずしも適正に表示しているとはいえない。 収益費用アプローチにおいて計算される利益、すなわち収益から費用を差し引いて計算される利益は「純利益」と呼ばれる。 従来我が国の会計基準は収益費用アプローチに基づいた規定を定めていたが、近年の国際会計基準との統合の観点から、資産負債アプローチへの移行が進んでいる。

次世代IFRS

分類 IFRS 読み じせだいいふぁーす、じせだいあいふぁーす

IASBとFASBが共同で行なっているIFRSと米国会計基準の差異解消を目的としたプロジェクト(一般にMoUプロジェクトと呼ばれています)に基づき行っているコンバージェンス作業完了後の新しいIFRSのことを指します。

進行中の主要なMoUプロジェクト
  • 連結の範囲
  • 認識の中止
  • 公正価値測定ガイダンス
  • 金融商品
  • 財務諸表の表示
  • 資本の特徴を有する金融商品
  • 法人所得税
  • ジョイントベンチャー
  • リース
  • 年金を含む退職給付
  • 収益認識
財務状態計算書

分類 IFRS 読み ざいむじょうたいけいさんしょ

財政状態計算書とは、国際会計基準(IFRS)における、企業のある一定時点での財政状態をを表わした貸借対照表に相当する財務諸表のこと。

取得原価モデル

分類 IFRS 読み しゅとくげんかもでる

取得原価モデルとは、固定資産について取得原価による評価を行い、減損会計を適用する方法をいう。 IFRSでは、投資不動産の当初認識後の測定について、公正価値モデルまたは取得原価モデルの選択適用が認められている。ただし、取得原価モデルを選択した場合には、公正価値を注記する必要がある。取得原価モデルは、現行の国内会計基準と同様です。

再評価モデル

分類 IFRS 読み さいひょうかもでる

資産の当初認識後、有形固定資産の帳簿価額を再評価実施日における公正価値からその後の減価償却累計額および減損損失累計額を控除した価額で計上します。再評価は、帳簿価額が報告日の末日における公正価値を用いたならば算定されたであろう金額と大きく異ならない頻度で定期的に行なう必要があります。ある有形固定資産項目が再評価される場合、当該資産の属する種類の有形固定資産全体を再評価する必要がああリます。 また、再評価モデルは、当該有形固定資産の公正価値を信頼性をもって測定できる場合に採用できます。

資産の帳簿価額が再評価の結果として増加する場合は、その増加額はその他包括利益(OCI)として認識し、再評価剰余金の科目名で資本に累積します。ただし、再評価による増加額は、以前に純損益に認識された同じ資産の再評価による減少額を戻し入れる範囲では、純損益として認識します。

資産の帳簿価額が再評価の結果として減少する場合は、その減少額を純損益として認識します。ただし、再評価による減少額は、その資産に関する再評価剰余金の貸方残高の範囲で、その他包括利益として認識し、再評価剰余金を減額します。

修正国際基準

分類 IFRS 読み しゅうせいこくさいきじゅん

修正国際基準(Japan’s Modified International Standards、略称JMIS)は、IFRSを構成する基準の一部を日本企業のニーズに応じて削除/修正したもの。いわゆるIFRSを微修正した日本独自の会計基準です。

のれんの処理を償却とする(FRSは非償却)、当期純損益の処理をリサイクリング(その他の包括利益として認識した株式売却損益などを当期純損益としても認識)とする(IFRSはノンリサイクリング=株式売却損益などを当期純損益として認識しない)といった違いがあります。

使用権モデル

分類 IFRS 読み しようけんもでる

2016年1月に公表されたIFRS16号で定義されている会計処理を指します。使用権モデルとは、全ての借手リースについて、リースの使用権を資産計上、リース料の支払義務を負債計上する会計処理です。

初度適用

分類 IFRS 読み しょどてきよう

FRSの初度適用とは、他の会計基準からIFRSへ初めて移行する場合の財務諸表等の作成・開示などの手続のことです。(IFRS1号)

以下の財務諸表等の作成や開示が必要です。

  1. IFRS移行日の財政状態計算書(2年前)
  2. 最初のIFRS財務諸表+IFRS移行日との比較情報(1年前)
  3. 最初のIFRS財務諸表+IFRS移行日との比較情報(1年前)

つまり、報告日手前の2年間が作業対象となるイメージで、3時点の財政状態計算書とその間の2期間分のその他財務諸表を作成することになります。なお、財務諸表は報告日現在で有効なIFRSに基づく必要があります。IFRSに変更があった場合、1と2については遡及的に適用することになります。(例外規定あり)

03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部