セミナー情報

全ての借手リースはオンバランスの時代へ! 米国新リース会計実践セミナー

リースの業務/システム/監査の専門家が語る

下記概要にて、「米国新リース会計実践セミナー 」を開催いたします。

2016年1月に公表されたIFRS第16号「リース」と歩調を合わせるよう、去る2月に米国会計の新リース会計基準(Topic842)が公表されました。本基準により借手である公開企業は2018年12月16日以後開始する事業年度より原則すべてのリースをオンバランスする必要があることから、リースの実務やシステムにも大きな影響が出ることが想定されます。

本セミナーでは有限責任あずさ監査法人様基調講演のもと米国新リース会計基準の概要と実務上の論点を解説いたします。また米国新リース会計基準に求められる要件を整理し、システム構築にあたってのポイントを解説いたします。

是非、導入へ向けた検討にお役立て頂ければ幸いです。

セミナー概要

対象ソリューション ProPlus固定資産システム, ProPlusリース資産管理システム
参加費 無料
申込方法 事前登録制
※ ホームページよりお申し込みください。
内容を確認の上、受講票をE-mailにて送付いたします。
※ 1社様あたり、最大3名様までのご参加とさせていただきます。
備考 ※ 定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。
※ 大変申し訳ございませんが、同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。

プログラム

基調講演 第1部:米国新リース会計基準の概要と適用にむけた実践的6つのステップ

IFRS第16号「リース」について、従来と大きく変わる借手側を中心とした会計処理や開示、実務への影響を解説いたします。 また、新リース基準適用にむけて必要なタスクを、あずさ監査法人が支援した事例を踏まえて、 実践的な6つのステップに分け詳細に解説いたします。

有限責任 あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス
パートナー 山本 勝一 氏

第2部:米国新リース会計に求められるシステム要件とシステム構築のポイント

本基準の適用によりこれまではオペレーティングリースとして支払処理のみで管理していたリース契約についてキャピタルリースと同等の管理が必要となります。そのため、償却計算や債務計算が必要となり、またデュアルモデル対応として費用認識の手法も2通りの対応が求められます。第2部では米国新リース会計に伴い求められるシステム要件とシステム対応のソリューションをご紹介いたします。

株式会社プロシップ FS営業本部 部長 巽 俊介

日程・会場

東京

日程 2016/12/08 (木) 13:30~16:30 (13:15受付開始)
会場 株式会社プロシップ 住友不動産飯田橋ビル9F 地図を見る
交通アクセス 都営大江戸線「飯田橋駅」出口C3より徒歩2分
JR線、有楽町線、南北線、東西線「飯田橋駅」東口より徒歩6分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」出口1より徒歩10分

東京

日程 2016/12/14 (水) 13:30~16:30 (13:15受付開始)
会場 株式会社プロシップ 住友不動産飯田橋ビル9F 地図を見る
交通アクセス 都営大江戸線「飯田橋駅」出口C3より徒歩2分
JR線、有楽町線、南北線、東西線「飯田橋駅」東口より徒歩6分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」出口1より徒歩10分
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部