セミナー情報

グローバル経理システム構築の必要性と課題

下記概要にて、「グローバル経理システム構築の必要性と課題セミナー」を開催いたします。

昨今、在外子会社を含めた経営管理システム構築の重要性が益々高まっています。
グローバル経営管理を目指した場合、スピーディーな経営判断を行うため、在外子会社の経営状況を見える化することが必要となります。また、この見える化は、在外子会社としては、「見られている」という抑止効果としても機能し、内部統制およびガバナンス強化にもつながります。

見える化の一つの解は業務プロセスおよびシステム統一です。本セミナーでは、有限責任あずさ監査法人パートナーの濱田氏をお招きし、昨今のCFOが抱く経営課題に対して、グループ会社の経営管理・統制強化を目的とした「組織・プロセス改善」に関して、具体的な対応や事例などを踏まえてご講演いただきます。
また、米国に拠点を置き、日系企業向けにDynamicsを中心にERPシステムの導入を支援するSYSCOM社より、次世代ネットワーク及びクラウド環境を用いた固定資産管理の将来像を紹介いたします。
併せて、プロシップ社から海外での経理システム導入における泣き所となる「固定資産システムの構築」について対応ソリューションのご紹介をいたします。

ご多忙の時期とは存じますが、ご検討の一助として、是非ともこの機会をご活用して頂ければ幸いです。

セミナー概要

対象ソリューション ProPlus固定資産システム, ProPlusリース資産管理システム, グローバルソリューション
参加費 無料
申込方法 事前登録制
※ ホームページよりお申し込みください。
内容を確認の上、受講票をE-mailにて送付いたします。
※ 1社様あたり、最大3名様までのご参加とさせていただきます。
備考 ※ 定員になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。
※ 大変申し訳ございませんが、同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。

プログラム

第1部 特別講演:CFO機能強化の要諦と最新動向

昨今のビジネスモデルの多様性と技術革新の加速化が、従来の経営モデルを変えようとしています。そのような環境の中、企業内におけるCFOの役割とは何か、強化すべき機能・組織とは何か、更に新たな技術革新を取り入れ将来の経理業務をどのように導くべきか、グローバルでの最新動向を交えながら解説します。

有限責任 あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス事業部
パートナー 濱田 氏

第2部:グローバル資産管理のシステム対応事例

株式会社プロシップ 海外ビジネス営業部

第3部:最新IoT技術を活用した資産管理

SYCOM USA INC.

Senior Director&Executive Consultant  山浦 氏

日程・会場

大阪

日程 2018/11/27 (火) 13:30~16:30 (13:15受付開始)
会場 株式会社プロシップ 西日本支社 ORIX久太郎ビル2F 地図を見る
交通アクセス 御堂筋線、中央線、四つ橋線「本町駅」12番出口より徒歩3分
長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」1番出口より徒歩9分

東京

日程 2018/11/28 (水) 13:30~16:30 (13:15受付開始)
会場 株式会社プロシップ 住友不動産飯田橋ビル9F 地図を見る
交通アクセス 都営大江戸線「飯田橋駅」出口C3より徒歩2分
JR線、有楽町線、南北線、東西線「飯田橋駅」東口より徒歩6分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」出口1より徒歩10分
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部