導入事例

京成電鉄が選択したのは鉄道業界で支持される「ProPlus固定資産システム」

10年間のトータルコストを40%削減!
京成電鉄株式会社では、鉄道会社特有の複雑な固定資産管理を行うため、これまではカスタマイズを施したERPパッケージベースのシステムを利用していた。そのため、税制改正のたびに大きな改修コスト出費を余儀なくされていた。
おりしも中期経営計画でグループ全体経営の方針が打ち出され、固定資産管理システムもグループ共通利用を視野に入れて新システムを導入することに。同社は市場調査の結果、鉄道業界で圧倒的な実績を誇る「ProPlus固定資産システム」を選択。
コスト低減と業務効率化を実現した。

大きくカスタマイズしたシステムで改修コストが高止まり

鉄道業界には、企業会計において業界特有の固定資産がある。それは取替資産と呼ばれるもので、レールや枕木、通信線、信号線などのように同種の物品が多数で一つの固定資産を形成する。こうした物品は常に交換を繰り返しつつ全体を構成していくため、個別に減価償却していたのでは非常に手間がかかる。そこで考え出されたのが取替法で、取替時に古いレールを除去した記録と新しいレールを敷設した記録を残す。しかし、この状態では価格が新品として維持されてしまうため、原価の半分まで減価償却を行う。

また、鉄道業界には税制特例という措置もある。鉄道の敷設には非常にコストがかかるため、トンネルや踏切道に関しては非課税であったり、新規営業路線にかかる鉄道施設は初めの5年間は1/3、その後の5年間が2/3の税額となるなど、他にも様々な時限措置のパターンや特例の種類がある。また税制改正に伴いその内容も刻…

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

京成電鉄株式会社

京成電鉄株式会社は、東京都と千葉県に路線を有する大手私鉄企業である。また、バス、タクシーなどの交通事業やレジャー・サービス業を展開する京成グループの中核企業ともなっている。スローガンは「いろんな笑顔を結びたい」。1909年の創業以来、時代の流れとともに変化する顧客のニーズに応え、顧客に喜ばれる良質な商品・サービスの創出で、笑顔あふれるさわやかで豊かな生活空間の創造や社会の発展に貢献している。

所在地 千葉県市川市八幡三丁目3番1号
代表者 代表取締役社長 小林 敏也
公式サイト http://www.keisei.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部