導入事例

制度改正への柔軟な対応力などから、ProPlusシリーズを長年利用

固定資産管理とリース資産管理で経理業務を支える
蒲鉾などの水産練り製品で知られる紀文食品は、固定資産管理にプロシップのProPlusシリーズを長年利用し続けているユーザーの一企業だ。
その中で、制度改正への迅速かつ確実な対応を可能としたなど、さまざまな効果を得てきた。
リース資産管理にもProPlusシリーズを利用しており、同社の経理業務を支えている。

1990年代初頭から固定資産管理にProPlusを利用

水産練り製品を主体としたチルド食品事業を中心に、幅広く事業展開する紀文グループ。親会社である紀文食品株式会社では現在、加工食品の製造設備をはじめ、約6,000件の固定資産、および約 5,000件のリース資産を管理している。

同社は1993年当時、固定資産の管理は自社開発システムで行っていたが、減価償却計算程度の機能しか搭載されていなかった。そこで、基幹システム統合を契機に、プロシップの固定資産管理システム「ProPlus固定資産システム」(旧「FASPAC」)を導入した。

紀文食品 財務統括室 経理部 経理課 課長 川上 浩一氏は「自社開発が不要で、導入が容易なパッケージ製品を探しました。ProPlusは当時当社が使っていたオフコンで利用可能など、私たちが求める条件を満たす唯一の製品でした」と振り返る。

財務統括室経理部
経理課課長
川上 浩一氏

財務統括室経理部経理課
マネージャー
中谷 保寛氏

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

株式会社紀文食品

蒲鉾などの水産練り製品を軸とするチルド食品の製造・販売を事業展開。東京工場をはじめとする全国6カ所の製造拠点と、全国の15の物流センターによる配送ネットワークを直結させることで、安全・安心な商品を消費者へいち早く届ける。なかでも東京工場は、ISO9001やISO14001、および品質管理の世界標準「HACCP」(Hazard Analysis and Critical Control Point:危険分析重要管理点)など、5つの認証を水産業界で初めて取得。

所在地 東京都中央区銀座5-15-1
代表者 代表取締役社長 保芦 將人
公式サイト http://www.kibun.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlusリース資産管理システム

契約/物件情報管理、支払管理、開示資料作成などリース管理業務全般を効率化。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部