導入事例

変化への強さと業務効率・精度向上を実現

ProPlusで固定資産管理システムを刷新
酒類や飲料・医薬などの製造・販売で知られるキリングループは、各社が独自に固定資産システムを導入していたため、税制改正や組織変更への対応、業務効率・精度の改善といった課題を各社が固有に抱えていた。
そこで、グループの統一の固定資産システムとしてプロシップの「ProPlus固定資産システム」を導入し、従来の各種課題の解決を図っている。

税制改正や組織変更への対応に不安、業務効率・精度の低下にも悩む

上段右から、キリンビジネスシステム 山野 聖晃氏、増戸 淳氏、塚田 雅一氏、三宅 順子氏、プロシップ 木本 彰祐氏、湊崇 氏下段右から、キリンビジネスエキスパート 中塚 泰衡氏、キリンビバレッジ 深谷 健一郎氏、キリンビジネスエキスパート 原田 統氏、大石 勇哉氏

大手ビール会社のキリンビールや、清涼飲料メーカーのキリンビバレッジなどの企業で構成されるキリングループは、近年、経理等の業務システムをグループ内で一本化するなどシステムの全体最適化に注力しており、業務標準化を図っている。今回はその一貫として、固定資産管理システムの刷新に取り組んだ。

キリングループは国内で約55万件の固定資産を保有。これまで、キリンビールはそれらの管理システムを自社開発する一方で、キリンビバレッジは他パッケージを用いるなど、各社で個別に導入・運用してきたが、さまざまな課題に直面していた。
「手組みのシステムは改修を重ねてきため複雑化し、2007年度の減価償却制度改正などの税制改正、および分社化などの組織変更に対応するのに、多くの工数を要しました。経営スピードが問われる今の時代において、限界を迎えていました」と三宅氏は話す。

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

キリンホールディングス株式会社

「おいしさを笑顔に」というスローガンを掲げ、酒類、飲料、食品、医薬品などの製造販売を事業展開するキリングループの持ち株会社。キリンビジネスエキスパートはグループ全体の間接業務を、キリンビジネスシステムは情報システムを担うグループ企業である。

所在地 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
代表者 代表取締役社長 磯崎 功典
公式サイト http://www.kirinholdings.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlus建設仮勘定サブシステム

建仮計上から精算までの煩雑な業務を効率化し、きめ細かな建仮管理を実現。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部