導入事例

成長の中で模索した信頼性の高い固定資産管理
株式会社コメダが選んだのは「ProPlus固定資産システム」

IFRS導入企業の業務負荷軽減と内部統制強化を実現
株式会社コメダの持ち株会社である株式会社コメダホールディングスは2016年の株式上場に合わせてIFRSを導入し、企業成長に合わせた基幹業務システムの見直しを図ってきた。株式会社コメダの固定資産管理もその対象となり、今後の企業成長に対応し、内部統制を強化できるシステムを模索。コストと機能のバランス、専業ベンダー製品であることを評価して「ProPl us固定資産システム」を選定した。現在は連動仕訳の実現で業務負荷が大きく軽減。IFRS対応業務においても高いシステム利用効果を享受している。

業容拡大に対応しきれなくなっていた固定資産管理システム

木とレンガを多用したこだわりの店づくり、製法と材料にこだわったオリジナルメニュー、独自のFC運営システムで知られるカフェブランド「珈琲所コメダ珈琲店」。その運営会社である株式会社コメダは、1968年の創業以来、喫茶文化の根強い名古屋を起点に発展してきた。今や外食市場において独自のポジションを確立、その規模は約940店と日本最大級のフルサービス型喫茶店チェーンとなった。同社の50周年ミッション宣言は、「“心にもっとくつろぎを” KOMEDA COMES TRUE.with YOU」。顧客とともにたゆみなく成長することをめざしており、2025年度に向けた目標は、海外80店舗を含め1,200店の出店達成だ。

同社の固定資産は、大きく2種類ある。1つは全店舗の95%を占めるFC加盟店向けのもので、店舗にレンタルするPOSシステムや自動釣銭機などがそれに当たる。これに対…

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

株式会社コメダ

フランチャイズチェーン「珈琲所 コメダ珈琲店」を展開する株式会社コメダ。店舗数・売上高に関して日本最大級のフルサービス型喫茶店チェーン運営会社である。
自社設備としてパン工場、コーヒー工場、製あん工場を保有し、「コメダ和喫茶 おかげ庵」、「コメダの大判焼き 大餡吉日」、「石窯パン工房A D E M O K」、「KOMEDA is □」と、計5つのブランドで事業を展開している。キーワードは“くつろぎ”。出店する地域に密着しつつ、同グループは日々の楽しい団欒空間の提供にまい進している。

所在地 愛知県名古屋市東区葵三丁目12番23号
代表者 甘利 祐一
公式サイト https://www.komeda.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る
050-1791-3001
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部