導入事例

高い拡張性と処理性能により利用を拡大、長期にわたり、ビジネスを支え続けるProPlus

全ての固定資産を一元管理
大手ソリューションプロバイダーの大塚商会は、減損会計への対応にあたり、新たな固定資産管理システムの導入を決定した。
比較検討の結果、圧倒的な高評価を得たプロシップの「ProPlus」シリーズを導入。
その後、管理範囲を大幅に拡大し、現在ではすべての固定資産管理をProPlusで行っている。
また、制度改正への対応だけではなく、固定資産の一元管理が可能になるなど業務改善も実現。長年にわたり、同社の経理業務を支えている。

標準で複数帳簿の管理が可能な点をはじめ、圧倒的な高評価でProPlusを選定

大塚商会は、2004年に強制適用が決まった減損会計への対応にあたり、新たに固定資産管理システム導入の検討を始めた。しかし、当時固定資産管理に利用していた海外製のERPソフトで減損会計に対応するには、新たなアドオンが必要となり、その開発に人員を割くことができなかった。 2005年は応急処置として表計算ソフトで行ったが、あまりの煩雑さに継続利用はむずかしいと判断した。

そこで、2005年複数社による固定資産管理システムのコンペを実施。比較検討した結果、プロシップの「ProPlus固定資産システム」、「ProPlus減損会計サブシステム」、「ProPlus 建設仮勘定サブシステム」の導入を決定した。
選定に関わった株式会社大塚商会 経理部 経理課 課長 畝野一夫氏は、「ProPlusは、全項目でマルがつき、他社に比べて圧倒的によかったですね。減損会計で…

経理部
次長
富樫 清隆氏

経理部経理課
課長
畝野 一夫氏

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

株式会社大塚商会

「システムインテグレーション事業」と「サービス&サポート事業」を二本柱として、継続的な業務改善をサポートする大手ソリューションプロバイダー。特定のメーカーにとらわれないマルチベンダー対応とオフィス用品からIT機器全般まで幅広く提供するマルチフィールド対応により、ワンストップソリューションとワンストップサポートを実現している。

所在地 東京都千代田区飯田橋2丁目18番4号
代表者 代表取締役社長 大塚 裕司
公式サイト http://www.otsuka-shokai.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlus建設仮勘定サブシステム

建仮計上から精算までの煩雑な業務を効率化し、きめ細かな建仮管理を実現。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部