導入事例

「ProPlus」で固定資産管理業務の効率と精度を向上

減損管理や新減価償却への対応、分散入力を実現
大手ビールメーカー サッポロビール株式会社では従来、固定資産管理システムが減損管理や新償却方式に未対応であり、分散入力も行えなかった。
そのため、手作業で集計・処理を行わざるを得ず、業務効率低下やミス多発に悩まされていた。
それらの課題を解決すべく、プロシップの「ProPlus」を導入。減損管理や新償却方式に対応するとともに、分散入力も可能となり、業務効率や正確性の向上を実現した。その結果、決算精度の向上も達成している。

減損管理や新減価償却を手計算、工数増やミスに悩まされる

サッポロビールは「サッポロ生ビール 黒ラベル」、「ヱビスビール」などで消費者に親しまれている大手ビールメーカーである。同社は固定資産管理において、システムに起因するさまざまな課題に直面していた。従来システムは、減損管理および2007年度税制改正後の減価償却制度に未対応であった。

「減損管理や新減価償却は私たちが表計算ソフトを用い、すべて手作業で処理していました。そのため、多くの工数を費やしていました。しかも、計算間違いをして何度もやり直すなど、ミスにも悩まされていました」と振り返るのは、サッポロプロアシスト株式会社 経理サポート部 課長代理 中村 洋輔氏。サッポロプロアシストは、サッポログループの経理業務を担うグループ企業である。

さらには分散入力が行えない点も問題であった。例えば、建設仮勘定(以下、建仮)の計上・精算は、各拠点担…

サッポロプロアシスト株式会社
経理サポート部
シニアマネージャー
佐々木 孝寿氏

サッポロプロアシスト株式会社
経理サポート部
中村 洋輔氏

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

サッポロビール株式会社

「お酒は、お客様の楽しく豊かな生活を、より楽しく豊かにできる」を信念に「サッポロ生ビール 黒ラベル」、「ヱビスビール」などのビール、「北海道生搾りみがき麦」などの発泡酒、「サッポロ ドラフトワン」などその他の酒類の製造・販売、輸入ビール・ワイン・洋酒の販売を事業展開。グループ企業には、ワインなどの酒類事業、飲料や外食の企業がある。サッポロプロアシストは総務、経理、人事などのグループ共通業務を受託するシェアドサービス会社。

所在地 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番1号(恵比寿ガーデンプレイス内)
代表者 代表取締役社長 寺坂 史明
公式サイト http://www.sapporobeer.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlusリース資産管理システム

契約/物件情報管理、支払管理、開示資料作成などリース管理業務全般を効率化。

詳細を見る

ProPlus建設仮勘定サブシステム

建仮計上から精算までの煩雑な業務を効率化し、きめ細かな建仮管理を実現。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部