導入事例

「ProPlus」で資産管理業務を最適化

制度改正への対応や決算早期化を実現
紙やパルプなどを手がける商社の新生紙パルプ商事株式会社は従来、固定資産管理を表計算ソフトによる手作業で行ってきたため、さまざまな課題に直面していた。その解決のため、プロシップの「ProPlus」シリーズを導入。
管理業務の効率や正確性を向上し、税制改正や新会計基準へ確実な対応、決算早期化などの成果を得た。併せて、ProPlus導入によって、リース資産管理の最適化も実現している。

手作業による管理が限界を迎える、制度改正や決算早期化が困難に

新生紙パルプ商事(以下、SPP)は、紙やパルプ、化成品を中心に取り扱う商社である。同社は二度の合併を経たことにより、グループで約4,000件の固定資産を保有。その管理業務は従来、表計算ソフトを用いて手作業で行っていたが、限界を迎えつつあった。

同社 管理統括総本部 経理本部 経理部 二課長 細田 弘樹氏は「計算式のメンテナンスなど、管理に多くの時間と労力を費やしていました。また、税制改正や新会計基準に対応するたびに、計算が煩雑になり、PCのレスポンスも低下するなど、管理方法の限界を感じていました」と語る。

同時に、連結決算においても悩みを抱えていた。同社 管理統括総本部 経理本部 経理部 二課 藤木 聡子氏は「子会社の担当者から問い合わせを受けた際、毎回メールやFAXなどを使い、該当データの書類をやりとりしつつ確認しなければならず…

管理統括総本部
経理本部
経理部二課長
細田 弘樹氏

管理統括総本部
経理本部
経理部一課長
池﨑 正行氏

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

新生紙パルプ商事株式会社

紙、パルプ、化成品等の販売および加工、並びに紙加工品の販売を軸に国内及び海外にて事業展開。紙パルプ業界の流通を担うリーディングカンパニーとしてメーカーとユーザーの間をつなぎ、世の中のニーズや時代の変化に応じて、紙とフイルムに関連するあらゆる素材のトータルコーディネートを行う。

所在地 東京都千代田区神田錦町1丁目8番地
代表者 代表取締役社長 若林 紀生
公式サイト http://www.sppcl.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlusリース資産管理システム

契約/物件情報管理、支払管理、開示資料作成などリース管理業務全般を効率化。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部