導入事例

連結子会社化を契機に米国会計基準への対応を目指し、
日米間の相違を自動連携させるレポートシステムを実現

ProPlus固定資産システムを基盤に、
日本型ビジネスカレンダーから「4-4-5カレンダー」への自動連携という難題を解決
スターバックスは、1996年8月の日本1号店(東京・銀座)オープン以来、日本中にファンを拡大し続けてきた。スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、2014年秋に米スターバックス・コーポレーションの連結子会社となり、これを機に米国会計基準及び「4- 4- 5カレンダー」によるレポート作成が必要になった。そこで、ProPl us固定資産システムをベースに、日本会計基準からの自動変換を実行するシステムを完成させた。

日本会計基準と米国会計基準の両立を目指して

経理財務本部 会計企画部 部長 伊藤栄規氏(前列右) 同部 会計チーム 上杉裕紀氏(後列中央) 同部 会計チーム 加藤祐子氏(後列右) インフォメーション テクノロジー本部 エンタープライズ アプリケーション部 部長代理 山田哲也氏(前列左) 同部 会計・人事・店舗開発チーム 白井善崇氏(後列左)

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(以下:SBJ)は2014年秋、TOB(株式公開買付)によって、親会社の米スターバックス・コーポレーション(以下:SBUX)の連結子会社となった。これに伴い、SBJは日本会計基準とともに、米国会計基準に沿ったレポート提出の早期対応が求められるようになったのである。経理財務本部 会計企画部 部長 伊藤栄規氏はこう語る。
「両国間の会計処理では、固定資産計上金額のしきい値、償却開始月など処理の仕方が大きく異なっています。またそれ以上に問題となったのは、ビジネスカレンダーの違いでした。つまり、『4-4-5カレンダー』に準拠したレポートが必要になったのです」

4-4-5カレンダーとは、各四半期を4-4-5週の13週間に分けて会計処理をする手法で、米国会計で認められており、SBUXが採用している。しかし、13週間…

こちらは会員専用コンテンツです。登録すると続きをご覧になれます。

会員登録はこちら 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン

お客様プロフィール

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社

世界に展開しているコーヒーチェーン「スターバックス」。日本における同店舗の展開を担っているのが、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社だ。愛される" The O nly O neブランド"として成長の継続を目指す同社は「一杯のコーヒーを通じて地域のお客様一人ひとりと丁寧に向き合う姿勢」を大切に、
躍進を続けている。

所在地 東京都品川区上大崎二丁目25番2号 新目黒東急ビル
代表者 代表取締役最高経営責任者(CEO) 水口 貴文
公式サイト http://www.starbucks.co.jp/

導入製品

ProPlus固定資産システム

ノウハウを集結し、あらゆる業種・業態の企業にマッチする固定資産管理機能を豊富に搭載。企業のIFRS適用も強力に支援。

詳細を見る

ProPlusリース資産管理システム

契約/物件情報管理、支払管理、開示資料作成などリース管理業務全般を効率化。

詳細を見る

ProPlus建設仮勘定サブシステム

建仮計上から精算までの煩雑な業務を効率化し、きめ細かな建仮管理を実現。

詳細を見る
03-5805-6123
受付時間 平日 9:00〜18:00
担当 営業本部